Return to Video

33-17 Predicted Failures

  • 0:00 - 0:07
    この結果は気温が上がると
    故障率も上がることを示しています
  • 0:07 - 0:09
    bが右上がりの直線だからです
  • 0:09 - 0:15
    スペースシャトルにとっては低気温はよいことで
    発射すべきという結論になります
  • 0:15 - 0:20
    試しにOリングの故障率の
    推定値を計算してみましょう
  • 0:20 - 0:24
    つまり気温36度でのYiです
  • 0:24 - 0:28
    公式に当てはめると36✕b+aとなります
  • 0:28 - 0:32
    さていくつでしょう
Title:
33-17 Predicted Failures
Description:

more » « less
Video Language:
English
Team:
Udacity
Project:
ST101 - Intro to Statistics
Duration:
0:31

Japanese subtitles

Revisions