Japanese subtitles

← User Feedback and Ratings

Get Embed Code
14 Languages

Showing Revision 3 created 10/03/2015 by Misaki Sato.

  1. 最後に取り上げていきたいことは
  2. 各段階でユーザのフィードバックを得ることです
  3. フィードバックはいろいろな形式があります
  4. あなたは既に企業のアイデアを伝達するのに
    ユーザ調査をしていると思います
  5. 調査の結果を製品に組み入れようと
    しているかもしれません
  6. 毎週または毎月調査書を送り
    フィードバックを集めたり
  7. 製品の中に組み込むように
    しているかもしれません
  8. ソーシャルメディアも製品の初期の使用量を
    把握する良い方法で
  9. 顧客とあなたのブランドをつなげます
  10. アプリの評価、ユーザの評価
    ウェブサイトの評価なども
  11. 量的にそして質的にユーザの製品への感想を
    理解するのに有効です
  12. Circa News というアプリは
    評価に以下のガイドを提供します
  13. まず優れた製品を開発するように勧めます
  14. 優れた製品を開発しなければ
  15. ユーザからよい評価を得ることはないです
  16. 次にユーザをわずらわせないこと
  17. 製品の評価は
    ユーザが製品を使用し
  18. 良い体験をしたかどうかのみ問うべきです
  19. 最後にCirca News は
    丁重に依頼するように勧めます
  20. 例えば製品の評価をしてくれたユーザに
    報酬を出したりすることも勧めます
  21. 彼らのアドバイスの詳細は
  22. インストラクターノーツに
    リンクされた記事を読んでください
  23. 最後に顧客のサポートを全員の職務としましょう
  24. 特定の電子メールやチャットで
  25. ユーザが従業員と直接話せるようにもできます
  26. 前 CCO そして Kayak の共創立者の
    ポール・イングリッシュ氏は
  27. 技術者達の真ん中に
    音の大きい電話を置いたりしました
  28. つまり同じ苦情の電話が鳴り続ければ
  29. チームはその問題を急いで解決しようとすると
    考えました
  30. これは他のユーザが直面している同じ問題も
    解決することになるでしょう
  31. どのような手段を取るにしても
  32. いつユーザに接して
    どのように対応するか考えるべきです
  33. あなたの行動と製品の向上が
  34. 個々のフォローアップと同じように
    重要です
  35. しかしこれらの経験がまた
  36. ユーザの製品への体験と感想に寄与することを
    忘れないように