Return to Video

(h) TROM - 2.2 Documents

  • 0:04 - 0:19
    [ 書類 / 教育制度 / 仕事 ]
  • 0:28 - 0:34
    あなたは生まれてからずっと、気付かないまま、
    誰がによって貨幣制度に参加させられていた。
  • 0:34 - 0:39
    出生証明書、名前、そしてIDなど。
  • 0:40 - 0:45
    全て紙に、(ほとんどは)電子的に記録され、
    機器で印刷される。
  • 0:45 - 0:50
    紙に書かれたものはコトバと呼ばれる。
    コトバについては後に詳しく議論する。
  • 0:51 - 0:55
    これらがインクのシミがついた只の紙切れだということを
    しっかり認識しておく必要がある。
  • 0:55 - 1:02
    これらの書類、領収書、クーポン券等は
    実際には何の価値もない…
  • 1:02 - 1:05
    価値は全て想像上のものだ。
  • 1:05 - 1:09
    あるID番号を自分のだ認めれさえすれば、
    そうなるのだ。
  • 1:09 - 1:17
    名前も、他人によって選ばれた、
    コトバの形式でつけられた一連のインクのシミだ。
  • 1:18 - 1:24
    名前の選択にも制限がある。使える文字や
    その組み合わせは、一定の数に限られるからだ。
  • 1:25 - 1:31
    これらの文字は音声に変換され、その音声を
    その人のことだと認識する。他の人も同じだ。
  • 1:32 - 1:40
    一人一人の個人的な音声は、人生の段階ごとに
    異なった手続を経て変化することがある。
  • 1:40 - 1:44
    同じ名前の人は多いので、実際にはその名前は
    個人的なものとは言えない。
  • 1:45 - 1:48
    だから、名前が本当はどういうものかが分かる。
  • 1:48 - 1:54
    名前とは、本人だと確認するための文字(インクのシミ)の
    組み合わせであり、
  • 1:54 - 1:58
    様々な書類は、本人が認めなければ
    何の価値も持たないのだ。
  • 2:03 - 2:13
    実際には、このようなシミ付き紙は、結婚証明書や
    他の貨幣制度上有効な書類と同じ価値を持っている。
  • 2:13 - 2:20
    恐ろしいのは、貨幣制度がこういう簡単に「偽造」される
    紙の上に成立していることだ。
  • 2:20 - 2:24
    このため、あなたも深刻な状況に苦しむかも知れない。
  • 2:27 - 2:33
    ここは普通の郊外住宅。
    所有者のホムステインさんだ。
  • 2:33 - 2:36
    日中の仕事が終わり、家に入ろうとするところだ。
  • 2:36 - 2:39
    このとき彼女は、自分が犯罪被害者になることは
    分かっていない。
  • 2:39 - 2:43
    詐欺師たちは、彼女から、非常に価値あるものを
    盗もうとしている。
  • 2:43 - 2:46
    いや、車や現金ではない…
  • 2:46 - 2:49
    彼女の個人情報を盗もうとしているのだ!
  • 2:51 - 2:54
    これが「ID窃盗詐欺」と言われるものだ。
  • 2:55 - 2:59
    ID窃盗は、この国と世界中で最も急速に増加している
    犯罪の一つです。
  • 2:59 - 3:05
    通常、詐欺団は基本的な電子的情報を入手します。
  • 3:05 - 3:08
    クレジットカードの一部かも知れないし、
    社会保障番号かも知れない…
  • 3:08 - 3:10
    …見付け出せたものなら何でも良いのです。
  • 3:10 - 3:13
    窃盗団はこの情報を用いて経済的な信用を得ます。
  • 3:13 - 3:16
    借金、クレジットカードの入手、
    全てあなたの名前で行います。
  • 3:16 - 3:26
    ここで言う信用とは、いわゆる借金と思えばいいです。
    通常彼らは、あなたが支払うべき借金をするからです。
  • 3:26 - 3:31
    窃盗団は、借金、カード、一流企業の申込用紙を
    集め、所持している。
  • 3:31 - 3:35
    窃盗団は、猛烈な勢いで借金の申込をする。
    記入される名前は正確だ。
  • 3:35 - 3:37
    しかし、一体どうやって申込用紙の記入する
    情報を手に入れたのか?
  • 3:37 - 3:42
    二晩前、私たち窃盗団のメンバーのポールは、
    やりたいようなやりたくないような仕事をこなした。
  • 3:42 - 3:44
    ゴミ置場探索だ。
  • 3:49 - 3:53
    闇の中、ポールは、目的の家の裏の小路で、
    ゴミ捨て場を見つける。
  • 3:53 - 3:58
    ゴミ袋を回収した後、彼はきれいとは言えない
    仕事を開始した。
  • 3:58 - 4:02
    探しているのは、ID窃盗詐欺に使用できる
    処分された書類だ。
  • 4:02 - 4:05
    そして大当たり!見つかったのか?
  • 4:05 - 4:10
    ホムステインさんの破棄した公共料金請求書が2通、
    ゴミ袋から見つかった。
  • 4:10 - 4:14
    専門家は、それがID詐欺の常套手段だというだろう!
  • 4:14 - 4:20
    犯罪者が情報を得る手段の一つが、ゴミ探しです。
  • 4:20 - 4:26
    毎日あなたのゴミ置場が荒されるというレベルまで
    被害は拡大していないと思っても大丈夫ですが、
  • 4:27 - 4:28
    いつでも起こり得ることです。
  • 4:28 - 4:32
    請求書などの個人情報をゴミ置場に捨てたら、
  • 4:32 - 4:36
    深夜に歩き回ってあなたのゴミ袋を持ち帰る人がいます。
  • 4:37 - 4:40
    申込書を送付してから2週間後、
  • 4:40 - 4:48
    詐欺団は、貸付限度額の合計が1万ポンドになる
    3枚のカードをすでに受け取っていた。
  • 4:48 - 4:53
    お金は全て使わず、不正に被害者の
    貸付信用ランクを上げていく。
  • 4:53 - 4:59
    アレックスとジェスは、この犯罪の恐ろしさを
    示すためにホムステインさんと会うところだ。
  • 4:59 - 5:05
    彼女名義で取得した領収書、書類、クレジットカードを
    財布に詰め込んだ。
  • 5:06 - 5:09
    被害者の自宅での隠しカメラの映像だ。
  • 5:13 - 5:17
    —今日は —ホーンステインさんですか。
    外にあなたの財布が落ちていたのを見つけたのですが
  • 5:18 - 5:19
    それは?
  • 5:19 - 5:21
    あなたの財布じゃないのですか?
  • 5:21 - 5:25
    えーと、確かに私の名前だけど、私のじゃないわ。
  • 5:25 - 5:27
    外の地面に落ちてたのですが…
  • 5:27 - 5:29
    何てこと!誰かが…
  • 5:30 - 5:34
    ああ…確かに私の名前…—でもこのカードはあなたのでは?
    —私のじゃないわ…
  • 5:36 - 5:39
    —本当に…—おかしいわね!
  • 5:39 - 5:41
    ホーンステインさん…
  • 5:41 - 5:44
    本当は、見つけたんじゃないんです…
  • 5:44 - 5:46
    本当は、作ったのです。
  • 5:46 - 5:47
    何ですって?!
  • 5:47 - 5:49
    あの…
  • 5:49 - 5:51
    これも作ったのです…
  • 5:52 - 5:56
    これが借金です。あなたの名前で借りました。
    1万ポンドあります。
  • 5:56 - 5:59
    私が受け取りました。
  • 6:02 - 6:03
    —あなたたちが作ったの?
  • 6:03 - 6:04
    —はい…—一体なぜそんなことを?
  • 6:04 - 6:06
    ちょっと跳んでもいい?
  • 6:06 - 6:09
    —入って! —いいです…ここで待っています。
  • 6:09 - 6:12
    どうやって作ったか、ちゃんとお見せしましょう。
  • 6:12 - 6:15
    これらの書類です。ゴミ置き場で見つけました。
  • 6:15 - 6:19
    暗証番号、名前、住所、
  • 6:19 - 6:22
    これもあります。クレジットカードの請求書、
  • 6:23 - 6:26
    うちのいい加減な旦那がやったのね。
  • 6:26 - 6:29
    —何でも捨ててるものね。
    —銀行取引の明細もあります。
  • 6:29 - 6:32
    あの旦那はなぜ何でもかんでも捨てるのかしら。
  • 6:32 - 6:38
    これらを使って、借金ができました…
    クレジットカード3枚で1万ポンドです。
  • 6:38 - 6:42
    —怖くないですか? —恐ろしいわ!
  • 6:42 - 6:45
    少なくともホーンステインさんは、私たち詐欺団に
    実際にお金を奪われることはなかった。
  • 6:45 - 6:50
    このやっかいな犯罪の被害に遭った多くの人は
    そんなことでは済んでいない。
  • 6:50 - 6:54
    いつも借金を断られるので、なぜなのか問い合わせました。
  • 6:54 - 6:59
    すると、私の名前や古い住所が書かれた
    長いリストが送られてきました。
  • 6:59 - 7:01
    住所は、ここに住む前のものです。
  • 7:01 - 7:05
    借金額は、5千ポンドから6千ポンドでした。
  • 7:05 - 7:09
    彼らは私の住んでいたアパートに引っ越してきて、
    実際に私の名前を使って、
  • 7:09 - 7:11
    新しいアカウントを作ったようです。
  • 7:11 - 7:15
    化粧品など、色々な会社の
  • 7:15 - 7:17
    ネット上の通信販売などのアカウントです。
  • 7:17 - 7:23
    こうやって犯人は5千から6千ポンド相当の商品を
    私の名前で入手しました。
  • 7:23 - 7:25
    これは犯罪だろうと思いました。
  • 7:25 - 7:29
    借金が断られたとき、
  • 7:29 - 7:32
    どうして?私に借金はないはずなのに、と思ったのです。
  • 7:34 - 7:39
    昔は、騙した人の小切手を
    非常に熱心に受け取っていました。
  • 7:39 - 7:40
    理由があります。
  • 7:40 - 7:44
    小切手は署名さえあれば、現金と全く同じだからです。
  • 7:44 - 7:47
    しかし、詐欺集団のある一味にとっては、
    それ以上の価値がありました。
  • 7:47 - 7:52
    私は小切手は切りません。なぜなら、
    小切手を切るたび、名前、住所、電話番号といった
  • 7:52 - 7:54
    自分に関する情報を毎回残すことになるからです。
  • 7:54 - 7:57
    銀行名とその住所、署名、口座番号、そして、
  • 7:57 - 7:58
    送金コードまで。
  • 7:58 - 8:00
    それだけあれば、銀行口座を開くには十分です。
  • 8:00 - 8:04
    詐欺師の小切手悪用の手口には
    様々なものがある。
  • 8:04 - 8:09
    去年一年間、ペン一本で自由自在に何でも
    手に入れることができた。
  • 8:09 - 8:14
    この女性たちは、決して賃貸されることのない部屋の
    預り金を小切手でアレックスに支払った。
  • 8:15 - 8:17
    この男性は、本物のテレビ番組の景品だと思って、
  • 8:17 - 8:21
    骨董品を買った。
  • 8:22 - 8:24
    もちろん、そのニセ番組開始時には、これらの客は
  • 8:24 - 8:29
    クリスマスの買い物代金を正直に支払おうと
    アレックスのニセの洋服屋に来たのだ。
  • 8:29 - 8:33
    彼らは皆、小切手支払が安全だと思っていて
  • 8:33 - 8:34
    いつもはその通りだった。
  • 8:34 - 8:36
    例外は、詐欺用のペンで署名するという
  • 8:36 - 8:38
    失敗を犯したときだけだ。
  • 8:39 - 8:41
    さて、ここにあるのは私たちが入手した
    小切手のうちの一枚です。
  • 8:41 - 8:44
    額面は50ポンドです。
  • 8:44 - 8:46
    支払先はイアン・スティールさん。
  • 8:46 - 8:48
    実は、このペンで書かれています。
  • 8:48 - 8:52
    消しゴム付きのペンです。
  • 8:52 - 8:55
    詐欺用の道具です。
  • 8:55 - 8:57
    消しゴムを使って
  • 8:57 - 9:00
    全ての記載事項を消せます。
  • 9:00 - 9:03
    もちろん、署名だけは
  • 9:05 - 9:07
    残します。
  • 9:08 - 9:10
    そこで、本物のペンを使って
  • 9:11 - 9:13
    こう書き込みます。
  • 9:14 - 9:19
    支払先 アレクシス・コンラン、つまり私です。
  • 9:20 - 9:23
    そして500ポンドの小切手が
  • 9:24 - 9:27
    今、私のものになりました。
  • 9:35 - 9:41
    [ 他の解決方法: ]
  • 9:44 - 9:47
    集団内での個人コードは、一人一人に与えられ、
  • 9:48 - 9:50
    自分の周囲の状況を報告するため、
  • 9:51 - 9:52
    あるいは、医療上の記録のため、
  • 9:52 - 9:54
    システムで追跡され続けなければならない。
  • 9:54 - 9:57
    しかし、これは偽りのものであり、
    現実とは切り離して考えなければならない。
  • 9:57 - 10:01
    自分を特定するための、一種の取り決めと考えるべきだ。
  • 10:01 - 10:04
    システム上のコードは、
    他人の前に現れることはない。
  • 10:04 - 10:09
    コンピュータ上のみに存在し、
    あなたの利益になる全ての事項を追跡し続けている。
  • 10:09 - 10:12
    コンピュータ上のあなたとあなた自身を混同しないように。
  • 10:12 - 10:16
    あなたの健康管理のためコンピュータ内にのみ存在し、
  • 10:16 - 10:19
    個人情報をシステム上に記録しているだけのものだ。
  • 10:19 - 10:22
    このことは、個人番号X導入への支持に寄与するだろう。
  • 10:22 - 10:25
    地球の持つ容量のため。
  • 10:25 - 10:26
    というより、
  • 10:29 - 10:31
    一人の男の名前には、
  • 10:31 - 10:32
    何の情報もありません!
  • 10:32 - 10:37
    ジャック・フレスコという名前、J,A,C,Q,U,Eという
    文字は、何も表していないのです!
  • 10:37 - 10:42
    もし文字がその対象となる分野を表しているとすると、
  • 10:42 - 10:43
    植物学、化学、
  • 10:43 - 10:49
    シンボル、新しいシンボル…あなたには新しい名前が
    与えられます。34Dのシンボルでも何でも良い。
  • 10:49 - 10:52
    それはその人がどういう人かを教えてくれるものです。
  • 10:52 - 10:55
    「出身は?」「生まれは?」と聞く代わりに
  • 10:55 - 10:58
    その名前は「最大の興味は?」何かということを
    教えてくれます。
  • 10:58 - 11:01
    「航空工学の技術者です」意味が分かります。
  • 11:01 - 11:05
    「航空力学の専門家です」「化学者です」
    意味が分かりますよね。
  • 11:05 - 11:09
    もし一人の男が来て「私は化学者で、D4です」
    と言えば、
  • 11:09 - 11:11
    多くのことが分かります!
  • 11:11 - 11:17
    その男が「ええと、私は画家で…描きたいものを
    描いてます」と言っても、
  • 11:17 - 11:20
    その人のことは余りよく分かりません!
  • 11:20 - 11:26
    だから、未来には、その人のことが全て分かるような
    名前が使われるようになるべきです。
  • 11:27 - 11:29
    そうでないと、扱いにくくてかないません。
  • 11:29 - 11:38
    地球を知的に運営するには、「花を命名するのに90センチもの長さのラテン語の学名をつけ続けられない」のです。
  • 11:38 - 11:46
    ラテン語を使うと気分がいいのか、医学でも同じことを
    していますよね。
  • 11:56 - 11:59
    驚くべきことだ。想像力が人間という生物の
  • 11:59 - 12:02
    個々の行動を支配しているのである。
  • 12:02 - 12:03
    インクのシミが付いただけの紙切れが、
  • 12:03 - 12:06
    人間を従わせ、強制し、
  • 12:06 - 12:10
    興奮させ、恐れさせているのであるから…
Τίτλος:
(h) TROM - 2.2 Documents
Περιγραφή:

http://tromsite.com - Full documentary, very well organized (download, youtube stream, subtitles, credits, share, get involved, and many more)

Documentary´s description :
-------------------------------------------------------------------------
TROM (The Reality of Me) represents the biggest documentary ever created, it is also the only one that tries to analyse everything : from science to the monetary system as well as real solutions to improve everyone's life.

A new and ´real´ way to see the world.

"Before the Big-Bang, till present, and beyond."
-------------------------------------------------------------------------

more » « less
Video Language:
English
Duration:
12:18
  • 翻訳ありがとうございます。

Japanese subtitles

Αναθεωρήσεις Compare revisions