Return to Video

(h) TROM - 2.2 Documents

  • 0:04 - 0:19
    [ 書類 / 教育制度 / 仕事 ]
  • 0:28 - 0:34
    あなたは生まれてからずっと、気付かないまま、
    誰がによって貨幣制度に参加させられていた。
  • 0:34 - 0:39
    出生証明書、名前、そしてIDなど。
  • 0:40 - 0:45
    全て紙に、(ほとんどは)電子的に記録され、
    機器で印刷される。
  • 0:45 - 0:50
    紙に書かれたものはコトバと呼ばれる。
    コトバについては後に詳しく議論する。
  • 0:51 - 0:55
    これらがインクのシミがついた只の紙切れだということを
    しっかり認識しておく必要がある。
  • 0:55 - 1:02
    これらの書類、領収書、クーポン券等は
    実際には何の価値もない…
  • 1:02 - 1:05
    価値は全て想像上のものだ。
  • 1:05 - 1:09
    あるID番号を自分のだ認めれさえすれば、
    そうなるのだ。
  • 1:09 - 1:17
    名前も、他人によって選ばれた、
    コトバの形式でつけられた一連のインクのシミだ。
  • 1:18 - 1:24
    名前の選択にも制限がある。使える文字や
    その組み合わせは、一定の数に限られるからだ。
  • 1:25 - 1:31
    これらの文字は音声に変換され、その音声を
    その人のことだと認識する。他の人も同じだ。
  • 1:32 - 1:40
    一人一人の個人的な音声は、人生の段階ごとに
    異なった手続を経て変化することがある。
  • 1:40 - 1:44
    同じ名前の人は多いので、実際にはその名前は
    個人的なものとは言えない。
  • 1:45 - 1:48
    だから、名前が本当はどういうものかが分かる。
  • 1:48 - 1:54
    名前とは、本人だと確認するための文字(インクのシミ)の
    組み合わせであり、
  • 1:54 - 1:58
    様々な書類は、本人が認めなければ
    何の価値も持たないのだ。
  • 2:03 - 2:13
    実際には、このようなシミ付き紙は、結婚証明書や
    他の貨幣制度上有効な書類と同じ価値を持っている。
  • 2:13 - 2:20
    恐ろしいのは、貨幣制度がこういう簡単に「偽造」される
    紙の上に成立していることだ。
  • 2:20 - 2:24
    このため、あなたも深刻な状況に苦しむかも知れない。
  • 2:27 - 2:33
    ここは普通の郊外住宅。
    所有者のホムスタインさんだ。
  • 2:33 - 2:36
    日中の仕事が終わり、家に入ろうとするところだ。
  • 2:36 - 2:39
    このとき彼女は、自分が犯罪被害者になることは
    分かっていない。
  • 2:39 - 2:43
    詐欺師たちは、彼女から、非常に価値あるものを
    盗もうとしている。
  • 2:43 - 2:46
    いや、車や現金ではない…
  • 2:46 - 2:49
    彼女の個人情報を盗もうとしているのだ!
  • 2:51 - 2:54
    これが「ID窃盗詐欺」と言われるものだ。
  • 2:55 - 2:59
    ID窃盗は、この国と世界中で最も急速に増加している
    犯罪の一つです。
  • 2:59 - 3:05
    通常、詐欺団は基本的な電子的情報を入手します。
  • 3:05 - 3:08
    クレジットカードの一部かも知れないし、
    社会保障番号かも知れない…
  • 3:08 - 3:10
    …見付け出せたものなら何でも良いのです。
  • 3:10 - 3:13
    窃盗団はこの情報を用いて経済的な信用を得ます。
  • 3:13 - 3:16
    借金、クレジットカードの入手、
    全てあなたの名前で行います。
  • 3:16 - 3:26
    ここで言う信用とは、いわゆる借金と思えばいいです。
    通常彼らは、あなたが支払うべき借金をするからです。
  • 3:26 - 3:31
    窃盗団は、借金、カード、一流企業の申込用紙を
    集め、所持している。
  • 3:31 - 3:35
    窃盗団は、猛烈な勢いで借金の申込をする。
    記入される名前は正確だ。
  • 3:35 - 3:37
    しかし、一体どうやって申込用紙の記入する
    情報を手に入れたのか?
  • 3:37 - 3:42
    二晩前、窃盗団仲間のポールは、何だかよく分からない
    仕事をこなした。
  • 3:42 - 3:44
    ゴミ置場探索だ。
  • 3:49 - 3:53
    闇の中、ポールは、目的の家の裏の小路で、
    ゴミ捨て場を見つける。
  • 3:53 - 3:58
    ゴミ袋を回収した後、彼はきれいとは言えない
    仕事を開始した。
  • 3:58 - 4:02
    探しているのは、ID窃盗詐欺に使用できる
    処分された書類だ。
  • 4:02 - 4:05
    そして大当たり!見つかったのか?
  • 4:05 - 4:10
    ホムスタインさんの破棄した公共料金請求書が2通、
    ゴミ袋から見つかった。
  • 4:10 - 4:14
    専門家は、それがID詐欺の常套手段だというだろう!
  • 4:14 - 4:20
    犯罪者が情報を得る?手段の一つが、ゴミ探しだ。
  • 4:20 - 4:26
    それは、毎日誰かがあなたのゴミ置場を荒らしているような、蔓延しているというレベルではないと思って欲しいが、
  • 4:27 - 4:28
    起こり得ることだ。
  • 4:28 - 4:32
    請求書などの個人情報をゴミ置場に捨てたなら、
  • 4:32 - 4:36
    深夜に歩き回ってあなたのゴミ袋を持ち帰る人がいるのだ。
  • 4:37 - 4:40
    申込書を送付してから2週間後、
  • 4:40 - 4:48
    詐欺団は、貸付限度額の合計が1万ポンドになる
    3枚のクレジットカードをすでに受け取っていた。
Τίτλος:
(h) TROM - 2.2 Documents
Περιγραφή:

http://tromsite.com - Full documentary, very well organized (download, youtube stream, subtitles, credits, share, get involved, and many more)

Documentary´s description :
-------------------------------------------------------------------------
TROM (The Reality of Me) represents the biggest documentary ever created, it is also the only one that tries to analyse everything : from science to the monetary system as well as real solutions to improve everyone's life.

A new and ´real´ way to see the world.

"Before the Big-Bang, till present, and beyond."
-------------------------------------------------------------------------

more » « less
Video Language:
English
Duration:
12:18
  • 翻訳ありがとうございます。

Japanese subtitles

Αναθεωρήσεις Compare revisions