Japanese Untertitel

← 絶滅に瀕した生物たちージャン・ステイスカル

Einbettcode generieren
24 Sprachen

Zeige Revision 15 erzeugt am 09/06/2020 von Nanae Sento.

  1. ケニヤのサバンナで2頭のメスの
    キタシロサイ ナイェンとファトゥが
  2. ムシャムシャと満足そうに
    草を食べています
  3. このビデオの公開時には
  4. 彼女たちは 地球上に残された最後の
    2頭のキタシロサイとして知られています
  5. 彼女たちの種は機能的に絶滅しています
  6. オスがいないので ナイェンとファトゥは
    生殖ができないからです
  7. しかしまだ キタシロサイを
    蘇らせる希望はあります

  8. どうすればいいのでしょうか?
  9. このお話は約50年前から始まります

  10. そのころサイたちのツノを狙って
    アフリカ中で密猟者たちが
  11. 何千ものサイたちを
    違法に狩り始めました
  12. さらに彼らの生息地で内戦が起きたため
  13. キタシロサイの個体数が
    激減してしまいました
  14. 1970年代 心配した保護活動家たちは
    捕獲した上で繁殖させようと始め
  15. オスから精液を採取し保存しました
  16. 意欲的な繁殖プログラムによって生まれたのは
    最終的には たった4頭でした
  17. ナイェンと彼女の娘のファトゥが
    残された2頭となり
  18. 2014年そのどちらにも仔サイがいないことを
    保護活動家たちは確認しました

  19. ナイェンはファトゥを産みましたが
    今は後ろ足が弱っていて
  20. もし再び妊娠した場合
    健康を害する可能性があります
  21. 一方ファトゥは
    子宮内膜が弱っています
  22. そして最後のオスのキタシロサイ
    スーダンは2018年に亡くなりました
  23. しかし まだ微かな希望があります
    人工生殖です
  24. 生きているオスとメスがいなくても
    妊娠することは可能ですが
  25. これは控えめに言っても
    複雑でリスクのあるプロセスです
  26. 科学者が精液を保存していても
    彼らは卵子を集めなければならず―
  27. それは最長2時間はメスを
    大人しくさせる必要がある複雑な手順です
  28. そして彼らは生存可能な胚を
    研究室で作ろうとしました
  29. それは今まで誰もやったことがなく
    誰も知らない方法です
  30. それはまだ始まりにすぎず―
  31. 別の種のサイが代理母になり
  32. 受精卵を妊娠させなければなりません
  33. キタシロサイの近縁種である
    ミナミシロサイのメスが

  34. 研究室の受精卵を育てるための鍵となり
  35. 代理母の有力な候補になりました
  36. キタシロサイとミナミシロサイは
    100万年前に分岐しましたが
  37. 今でも非常に近い関係の種です
  38. 彼らは生息地が違い
    わずかに身体的特徴が異なります
  39. 幸運な偶然ですが
    ミナミシロサイの中に

  40. 生殖能力に問題があるメスが何頭かいて
    治療が必要だったので
  41. 研究者たちは治療の一環として
    卵子を採取することができました
  42. 2015年10月
    デヴォー・クラロヴェ動物園で
  43. IZWベルリン(野生動物研究所)の専門家たちが
    ミナミシロサイから卵子を採取し始め
  44. それをイタリアにある動物繁殖の研究所
    アヴァンティアに送りました
  45. そこで科学者たちは生存可能な胚を
    作成する技術を開発し完成させました
  46. 彼らがその技術を習得すると

  47. 2019年8月22日 研究者たちは
    ナイェンとファトゥの卵子を摘出し
  48. イタリアに空輸しました
  49. 3日後 彼らは卵子をキタシロサイの
  50. オスの精子と授精させました
  51. 1週間後2つの卵子が発生段階に入り
  52. 胚が冷凍可能になり 未来へ保存
    できるようになりました
  53. また2019年12月に別の採取が行われ
    さらにもう一つ胚を作ることができました
  54. 2020年初頭ではナイェンとファトゥの
    健康状態が良ければ
  55. 卵子を年に3回採取する予定です
  56. その間 研究者たちは

  57. 有望なミナミシロサイの
    代理母を探しています
  58. 理想的なのは
    過去に妊娠経験がある個体です
  59. 代理母計画は 成功するとの
    思いで行われており
  60. ミナミシロサイとキタシロサイは
  61. 最後の氷河期や近年の1977年にも
    交配していたことから
  62. ミナミシロサイが
    キタシロサイを妊娠をできると
  63. 研究者たちは前向きに捉えています
  64. さらに この2つの種は
    妊娠期間が同じです
  65. しかしそれでも
    胚をサイに移植するのは
  66. 子宮頸部の形状が
    理由となり難しいのです
  67. 数十年かかる最終的な目標は

  68. キタシロサイの繁殖個体数を
    彼らの元々の生息地に
  69. 確立させることです
  70. 研究では1世紀前にその種が持っていた
    遺伝的多様性を再生するのに
  71. 十分な数の個体から得た
    サンプルがあると示唆しています
  72. この取り組みの詳細は
    ユニークなのですが

  73. 多くの生物が絶滅危惧または
    機能的絶滅に直面しているので
  74. 同時に大きな疑問を
    投げかける場でもあります
  75. 私たち人間は危機に瀕している生物を
    救う責任があるのでしょうか?
  76. 特に人間の活動そのものが
    彼らを危機に追い込んでいる場合は?
  77. 絶滅の危機に瀕している
    動物たちを救うために
  78. 私たちが重ねるべき努力に
    制限はあるのでしょうか?