Return to Video

医者を1世代にわたって欺いた誤った推論を見抜けるか?―エリザベス・コックス

  • 0:10 - 0:11
    これぞ人間!
  • 0:14 - 0:16
    あ〜人間とは…
  • 0:16 - 0:19
    大惨事なのに
    見てしまう
  • 0:20 - 0:24
    時は 1843年
    医師が大議論をしています
  • 0:24 - 0:28
    女性にとって最大の死因の1つである
    産褥熱(さんじょくねつ)に関するもので
  • 0:28 - 0:32
    産褥熱は 出産後数日以内に発症し
  • 0:32 - 0:38
    感染者の70%以上が死亡するのに
    原因が不明だと話しています
  • 0:38 - 0:42
    産科医のチャールズ・メイグスが
    仮説を立てました
  • 0:42 - 0:46
    産褥熱にかかる患者さんに
    腹部の炎症が観察されたので
  • 0:46 - 0:51
    メイグス医師はこの炎症が
    産褥熱の原因だと主張します
  • 0:51 - 0:55
    医学界の大半は この仮説を支持します
  • 0:55 - 0:56
    なんてことだ!
  • 0:56 - 1:01
    少しは疑うってことを学んでくれないと
    困るじゃないですか
  • 1:13 - 1:14
    はい どうぞ
  • 1:15 - 1:22
    先生の仮説は誤った推論に基づいています —
    「虚偽の原因の誤謬(ごびゅう)」です
  • 1:22 - 1:26
    相関関係があるからといって
    因果関係があるとは限りません
  • 1:26 - 1:29
    2つの現象が通常一緒に起こるからといって
  • 1:29 - 1:34
    必ずしも 一方が他方の原因とは限りません
  • 1:34 - 1:40
    先生は 炎症を起こしている女性は
    産褥熱にもなる
  • 1:40 - 1:44
    したがって炎症が産褥熱の原因だと
    おっしゃっているのです
  • 1:44 - 1:47
    しかし それは必ずしも正しくありません
  • 1:47 - 1:51
    確かに 炎症が先に起こり
    続いて熱が出る
  • 1:51 - 1:55
    したがって炎症が熱の原因に
    なっているかのように思えます
  • 1:55 - 2:00
    しかし その理論ですと 赤ちゃんは
    髪の毛が生えてから歯が生える
  • 2:00 - 2:04
    したがって髪の毛が生えることが
    歯が生える原因であるとなります
  • 2:04 - 2:06
    誰でも そうではないと分かっていますね
  • 2:06 - 2:08
    お答えになる必要はございません
  • 2:08 - 2:12
    ここでは 幾つかのことが関わっています
  • 2:12 - 2:19
    第1に 熱と炎症が 全くの偶然で
    相関性を示している可能性があることです
  • 2:20 - 2:26
    あるいは 考えていたのとは 逆の
    因果関係があるのかもしれません —
  • 2:26 - 2:32
    炎症が熱の原因ではなく
    熱が炎症の原因なのかもしれません
  • 2:32 - 2:39
    あるいは まだ考えついていない
    共通の基礎疾患が原因なのかもしれません
  • 2:39 - 2:45
    お聞きしたいのですが 炎症の原因は
    何だとお考えですか?
  • 2:45 - 2:50
    原因はない?
    自然に起こるのですか?本当ですか?
  • 2:50 - 2:54
    先生の同僚である方のお考えを
    ちょっとお話しさせていただきたいと思います
  • 2:54 - 2:57
    オリバー・ウェンデル・ホームズ先生です
  • 2:57 - 3:00
    承知しております
    ホームズ医師の仮説がお嫌いですね ―
  • 3:00 - 3:03
    酷評する書簡を既にお書きになったと
    存じ上げております
  • 3:03 - 3:06
    されど 学生の皆様に詳細を
    お話しさせていただきます
  • 3:06 - 3:12
    ホームズ医師は あるパターンに気付きました
    患者が産褥熱で亡くなると
  • 3:12 - 3:15
    医師が解剖を行います
  • 3:15 - 3:19
    その後 その医師が新しい患者の治療を行うと
  • 3:19 - 3:23
    その患者は産褥熱に罹ることが多いのです
  • 3:23 - 3:29
    産褥熱によって死亡した患者の解剖と
    新しい産褥熱患者の相関関係から
  • 3:29 - 3:32
    ホームズ医師は
    原因となり得るものを提案しています
  • 3:32 - 3:39
    解剖が熱の原因だという証拠は
    この相関関係以外に何もないので
  • 3:39 - 3:44
    ホームズ医師は解剖が熱の原因であるという
    結論に飛びつきません
  • 3:44 - 3:49
    その代わり 医者が患者に感染を起こしている
  • 3:49 - 3:55
    手や手術器具についた目に見えない汚染菌が
    感染源だと示唆しています
  • 3:55 - 4:01
    ほとんどの医者は この考えに激怒しています
    自分たちが完全無欠だと思っているのですから
  • 4:01 - 4:05
    患者の窮状に自分が関わっている可能性を
    考慮することを拒否している
  • 4:05 - 4:08
    こちらのメイグス先生同様
  • 4:08 - 4:14
    メイグスの欠陥のある主張は
    さらに調査を進める余地を残しませんが
  • 4:14 - 4:16
    ホームズの仮説は残しています
  • 4:24 - 4:27
    1847年になり
    イグナーツ・ゼンメルワイス医師が
  • 4:27 - 4:32
    産院での産褥熱による死亡率を
    12%から1%に減らしました
  • 4:32 - 4:35
    全ての医療関係者に
  • 4:35 - 4:40
    解剖後や 患者の診察と診察の間には
    手の消毒を義務付けたのです
  • 4:40 - 4:45
    この方法でゼンメルワイス医師は産褥熱が
    伝染性のものであると証明しました
  • 4:46 - 4:47
    それみたことか!
  • 4:50 - 4:54
    1879年になり ルイ・パスツールが
  • 4:54 - 4:58
    産褥熱の症例の多くを引き起こす
    汚染菌を特定しました
  • 4:58 - 5:01
    溶血性連鎖球菌(溶連菌)です
  • 5:04 - 5:07
    ポテトフライが冷めてしまいました
  • 5:07 - 5:11
    アイスクリームが溶けてしまったからですね
Titel:
医者を1世代にわたって欺いた誤った推論を見抜けるか?―エリザベス・コックス
Sprecher:
エリザベス・コックス
Beschreibung:

1843年のことですが、女性にとって最大の死因の1つである産褥熱(さんじょくねつ)に関して大議論が展開しています。誰にもその原因が分かりません。ある医師が、炎症を起こした患者が、その後に産褥熱にかかることを観察しました。したがって炎症が産褥熱の原因だと主張します。この推論の組み立て方には、どういう問題がありますか?エリザベス・コックスが「虚偽の原因の誤謬(ごびゅう)」とそれをどうやって見抜くかを教えてくれます。

講師:エリザベス・コックス
監督:TOGETHER

このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/can-you-outsmart-the-fallacy-that-fooled-a-generation-of-doctors-elizabeth-cox

more » « less
Video Language:
English
Team:
TED
Projekt:
TED-Ed
Duration:
05:14
  • すみません、提出してしまってから (Revision 14) 、①30行目と31行目は時間オーバーで字幕結合が出来ないことに気がつきました。②36行目は、元々7.5秒あります。③60行目と61行目にかけては、タイミングを調整して字幕割を変えようと思っていて、忘れてしまいました。(江森)

Untertitel in Japanese

Revisionen