Japanese subtítols

← 気体のABC: アボガドロ、ボイル、シャルル — ブライアン・ベネット

この教材のURL: http://ed.ted.com/lessons/1207-1-a-bennet-brianh264

ボトルと風船を使ってどのように気体の法則を説明できるでしょう?ボイルの法則、シャルルの法則、アボガドロの法則がどのように気体の性質を理解するのに役立つかを説明します

先生: ブライアン・ベネット
アニメーション: Cognitive Media.

Obtén el codi d'incrustació
27 llengües

Subtitles translated from anglès Showing Revision 5 created 03/27/2015 by Natsuhiko Mizutani.

  1. 社会では 秩序を維持するための
    法律に従わなければなりません
  2. 化学物質もある法則に従うことをご存知ですか?
  3. 実は 関係に着目することで
    それらの法則を記述することができます
  4. そのような法則の簡単な例として
    気体に関する法則があります
  5. 1662年に遡りますが ロバート・ボイルは
    気体を容器に入れて体積を変えると
  6. 面白い反応を示すことに気付きました
  7. 空のボトルにフタをして密閉します
  8. そしてそのボトルをきつく握ると
    何が起きるでしょう?
  9. 容器の体積が小さくなると
    ボトル内部の圧力は高くなります
  10. そのままボトルを握り込み続けると
    内部の気体が手を押し返すようになります
  11. これは反比例と呼ばれ
    あらゆる気体で同じ割合で変化します
  12. ボイルの法則により化学者はどんな気体でも
    ある圧力の下での体積を予測できるのです
  13. なぜなら
    圧力と体積の関係は常に同じだからです
  14. 1780年にジャック・シャルルは
    気体と温度の間の異なる関係に気付きました
  15. 熱気球を見たことがあるなら
    この法則が働いているのを見たことになります
  16. 気球は寝かされている間は真っ平らです
  17. 風船のように空気を入れて膨らます代わりに
    強力な炎を用いて球皮(気球)内の空気を暖めます
  18. 空気が暖められるにつれて
    気体の体積は増大し 気球は膨らみ始めます
  19. 気体の温度が高くなるほど 体積は大きくなります
    これがシャルルの法則です
  20. この法則は
    ボイルの法則とは違うことに注意してください
  21. シャルルの法則は比例関係です
  22. 温度が上がると 体積も大きくなります
  23. 3つ目の法則も簡単に実演できます
  24. 風船を膨らますと 体積も大きくなります
  25. 風船を膨らませているときには 気体分子を
    肺から風船に絞り出しているのです
  26. これにより風船の体積が大きくなります
    アボガドロの法則が働いている例です
  27. 容器に加えられる気体分子の数が
    増えるにつれて
  28. 体積も大きくなるのです
  29. 分子を入れすぎると どうなるかは
    ご存知の通りです
  30. 法則はどこにでも存在します
    小さな気体分子の中にですらです
  31. 気体を押し込むと 分子も押されるため
    圧力は高くなります
  32. 体積が小さいと気体分子が反発するため
    圧力は高くなります
  33. 温度が高くなると 気体は互いに離れるため
    体積も大きくなります
  34. 最後に 密閉された容器に気体を注入すると
    その容器の体積は大きくなります
  35. しかし入れ過ぎに注意してください
    さもなければ風船は破裂してしまいます