YouTube

Teniu un compte YouTube?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtítols

← 神話「パンドラの箱」― イーサルト・ギレスピー

パンドラは、火の神ヘファイストスから息を吹き込まれた人類初の女性です。彼女は神々から言語、ものづくりの才能と豊かな情緒を授かりました。ゼウスはパンドラに2つのものを授けました ― 好奇心という気質と、決して開けてはならない、堅く閉ざされた重い箱です。人間の目に触れてはいけない宝とは何か、そしてなぜそれがパンドラの手元にあるのか。イーサルト・ギレスピーがパンドラの箱の謎を探ります。

講師:イーサルト・ギレスピー
監督:シルビア・プリエト
*このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/the-myth-of-pandora-s-box-iseult-gillespie

Obtén el codi d'incrustació
30 llengües

Showing Revision 24 created 05/17/2019 by Tomoyuki Suzuki.

  1. 好奇心 ― それは

  2. 祝福か呪いか?
  3. その相反する性質を
  4. 古代ギリシャのパンドラという
  5. 神話上の人物が体現しています
  6. 伝説では パンドラは
  7. 人類初の女性で
  8. 彼女の旺盛な好奇心が
    人間界を揺るがす出来事の元になりました
  9. パンドラは火の神ヘファイストスが
    息を吹き込み

  10. ほかの神々の力を結集して創造された
    素晴らしい女性です
  11. アプロディテからは豊かな情緒を
  12. ヘルメスからは言語を司る能力を
  13. アテナからはものづくりの技能や
    繊細な注意力を与えられ
  14. その名前を付けたのは
    ヘルメスでした
  15. そしてゼウスはパンドラに
    2つのものを授けました

  16. 1つ目は好奇心で
    それは彼女の魂に根付き
  17. 外界への興味をかき立てました
  18. 2つ目は美しく彫刻が
    施された重い箱で
  19. その蓋は堅く閉じられていました
  20. 人間は中を見てはいけないと
    ゼウスは言い
  21. パンドラは決して
    開けようとしませんでした
  22. 地上で パンドラは
    エピメテウスと出会い 恋に落ちました

  23. ゼウスから 自然界の設計を
    任されていた有能な巨人族の神です
  24. エピメテウスは以前
    兄のプロメテウスと働いてました
  25. 兄は人類を創造した神でしたが
  26. 人類に火を与えた咎で 終わりのない
    罰を受けることになりました
  27. 兄を失い エピメテウスは
    ひどく嘆きましたが
  28. パンドラと情熱的に心と通わせることで
    喪失感を埋めました
  29. 地上で生活するパンドラの心は
    興奮に満ち溢れていました

  30. 旺盛な知識欲と身近な物事への
    強い探究心があり
  31. 抑えきれないそんな自分の欲求に
    いつも悩まされてもいました
  32. 堅く閉ざされた箱の中身について
    思いを巡らせることがよくありました
  33. 人間の目に触れてはいけないほど
    素晴らしい宝とは何か
  34. なぜそれが自分の手元にあるのか
  35. 箱を開けて中をのぞきたくて
    指がうずきました
  36. 中からささやき声や
    必死で外に出ようとしているような
  37. ガタガタという音が聞こえたと
  38. 確信することもありました
  39. その謎の箱は
    パンドラを狂わせんばかりの存在になりました
  40. 時が経つほどに パンドラの頭から
    その箱のことが離れなくなりました

  41. 箱の中で パンドラと呼ぶ声の
    こだまが日に日に大きくなり
  42. 彼女を惹き付けるどうにも抵抗できない力が
    存在するようでした
  43. ある日
    我慢が限界に達しました
  44. エピメテウスがいない時
  45. この謎の箱を見つめました
  46. 中をひと目見たら
  47. 永久にその悩ましい誘惑から
    解放されるでしょう...
  48. しかし 一筋割れ目が入った途端
    箱は勢いよく開きました

  49. 怪物や恐ろしい音が
    もうもうとした煙の

  50. 中に渦巻き パンドラの周りで
    甲高い咆哮をあげました
  51. 恐怖に震えながら
  52. 箱の中に戻して閉じ込めようと
    パンドラは必死にもがきましたが
  53. 怪物たちは 不気味な暗い影の中に
    次々と猛烈な勢いで飛び出してきました
  54. 怪物たちが去って行き
    パンドラは悪い予感に苛まれました
  55. ゼウスはその箱に
  56. 自らが作り出した全ての悪と苦しみを
    入れていたのです
  57. ひとたび放たれると
  58. もう
    封じ込めることは不可能でした
  59. 泣いていると

  60. 箱の中で音が響いていることに
    気づきました
  61. 悪魔たちの不気味なささやきではなく
  62. 苦悩を和らげてくれるような
    明るい鈴の音でした
  63. パンドラがもう一度 蓋を開け
    のぞきこむと
  64. 暖かな光線が湧き出し
    ふわりとただよいました
  65. 悪を放ってしまった後で
    光の揺らめきを目にし

  66. パンドラの痛みは和らぎました
  67. パンドラは
    収拾のつかない事態を招いたのですが
  68. この世に「災禍」を送り込んだだけでなく
    「災禍」を和らげる「希望」も放ったのでした
  69. 現在 「パンドラの箱」と言うと
    未知のものにみだりに手を出すと

  70. 最悪の事態を招くということを
    表しますが
  71. パンドラの燃えるような好奇心は
    人間の探究心が内包する 相対する2つの
  72. 性質を表すものでもあります
  73. 人は 足元をほじくり返し
    未知の物事を全て究明すべきなのでしょうか
  74. それとも解明されないほうがよい謎も
    あるのでしょうか