Return to Video

動画のローカリゼーションとは?

  • 0:01 - 0:07
    [アップビートな音楽演奏]
  • 0:10 - 0:14
    こんにちは!Amaraのステラです このビデオでは皆様のご質問にお答えします
  • 0:14 - 0:16
    「動画のローカリゼーションとは何ですか?」
  • 0:16 - 0:21
    簡単に言うと 動画のローカリゼーションとは すでに制作した
  • 0:21 - 0:24
    動画を新しい視聴者に合わせて変えることです
  • 0:24 - 0:28
    ターゲットとする新しい視聴者は 世界の異なる地域に住み 異なる方言や言語を用い
  • 0:28 - 0:33
    異なる文化的規範や社会的期待をもっています
  • 0:33 - 0:37
    ローカライズの方法は 吹替 ボイスオーバー 字幕 があります
  • 0:37 - 0:40
    字幕が最も早くコストの低い方法です
  • 0:40 - 0:43
    例えば アメリカで動画を制作し
  • 0:43 - 0:47
    登場人物が "Hey dude!" または "Hey man"と言ったとしましょう
  • 0:47 - 0:51
    この動画をイギリスの視聴者向けにローカライズしたい場合
  • 0:51 - 0:54
    これらの表現を イギリス文化にふさわしく
  • 0:54 - 0:56
    “Hello mate!” または “Hello lad!”に変えます
  • 0:56 - 0:59
    なぜなら “dude” や “man”はアメリカの表現で
  • 0:59 - 1:02
    イギリスではカジュアルな挨拶に使用されていないからです
  • 1:02 - 1:06
    もしこうした表現をローカライズしなかったら イギリスの視聴者は
  • 1:06 - 1:09
    動画は彼らのために制作されなかったとすぐにわかります
  • 1:09 - 1:14
    これは 異なる地域の視聴者に発信する際 ローカリゼーションがどのように行われ
  • 1:14 - 1:17
    なぜ大切なのかを表す一例です
  • 1:17 - 1:19
    たとえ同じ言語を使用している場合でもです!
  • 1:19 - 1:23
    もし あなたの組織の最新情報や優れた点を
  • 1:23 - 1:26
    新しい視聴者へ発信しようと考えているなら
  • 1:26 - 1:31
    内容がなじみあるもので メッセージが現地の人のように
  • 1:31 - 1:34
    明確に伝わるようにしましょう
  • 1:34 - 1:37
    もし 効率的にコストをおさえて
  • 1:37 - 1:40
    より世界の多くの人たちへ発信したい場合は
  • 1:40 - 1:43
    字幕を使ったローカリゼーションが適しています
  • 1:43 - 1:47
    ローカライズする際は 動画が正しくローカライズされるように
  • 1:47 - 1:52
    現地の専門家やネイティブスピーカーに見てもらうことをお勧めします
  • 1:52 - 1:55
    このビデオが参考になれば幸いです
  • 1:55 - 1:59
    アマラを使って動画のローカリゼーションをする方法について
  • 1:59 - 2:01
    詳しくはAmara.org をご覧ください
  • 2:01 - 2:03
    ご覧いただきありがとうございました
Títol:
動画のローカリゼーションとは?
Descripció:

動画ローカリゼーションの基本と翻訳との違いを学ぼう。
動画のローカリゼーションは、すでに制作された動画を使って世界中の視聴者へ情報を発信することができます。

Amaraについての詳細: https://www.amara.org/

動画制作: Stella Tran

Transcript:

Hi! I’m Stella with Amara Subtitling and I’m here to help answer the question "What is video localization?"

In a nutshell, localization for video is the practice of adapting videos you already have for a new audience — one that lives in another part of the world, uses a different dialect or a different language, and has a different set of cultural norms and social expectations.

You can localize your media with dubbing, voiceovers, and subtitles, which is the fastest and most affordable.

So if, say, you had a video made in the US and a person in the video says “Hey dude!” or “Hey man” and you wanted to localize the video for an audience in the UK, those words should be replaced with the culture-specific “Hello mate!” or “Hello lad!” because “dude” and “man” are American terms that aren't used in the UK for casual greetings. If you didn't localize these phrases, folks in the UK would know "straightaway" that your video wasn't really meant for them. This is just one example of how localization works, and why it matters when speaking to a different geographic audience, even when you’re using the same language!

If you’re thinking about reaching and informing a new audience about your organization’s latest and greatest, you’ll want to make sure that your brand is relatable and that your message is clearly communicated — like a local!

Video localization using subtitles is the way to go if your organization wants to reach more people around the world in an effective and affordable way. Whenever you’re ready to get started, we recommend that you have local experts and native speakers working with you to get your media localized right.

I hope you found this video helpful, and if you’d like to learn more about how Amara can help you with your video localization needs, visit us at Amara.org. Thanks for watching!

more » « less
Video Language:
English
Team:
Volunteer
Duration:
02:07

Japanese subtitles

Revisions Compare revisions