Return to Video

気候変動と健康と貧困の関連について

  • 0:01 - 0:06
    私がジャマイカのキングストンから米国に
    到着したのは1968年の夏でした
  • 0:06 - 0:10
    6人家族でブルックリンの
    寝室2つの小さな3階建てのアパートに
  • 0:10 - 0:12
    所狭しと暮らしていました
  • 0:12 - 0:14
    その街区に子供も何人かいました
  • 0:14 - 0:17
    スペイン語を話す子もいれば
    英語を話す子もいました
  • 0:17 - 0:19
    初めはその子供達と遊んではいけませんでした
  • 0:19 - 0:22
    なぜなら両親が言うには
    「皆 やんちゃすぎるから」でした
  • 0:22 - 0:23
    (笑)
  • 0:23 - 0:26
    それで自分の部屋の窓から
    その子供達を見てるだけでした
  • 0:26 - 0:29
    ローラースケートは皆が
    大好きな遊びのひとつでした
  • 0:29 - 0:32
    市内バスの後ろに捕まって
    引っ張られるのが好きでした
  • 0:32 - 0:34
    バスが私の家の建物の前の
  • 0:34 - 0:36
    街区の端に到着した時に
  • 0:36 - 0:38
    後ろのバンパーから手を放すのです
  • 0:38 - 0:41
    ある日 見知らぬ女の子が
    その子供達といました
  • 0:41 - 0:45
    お馴染みの甲高い笑い声に混じって
    聞こえます 「ミラ ミラ!
  • 0:45 - 0:46
    ミラ ミラ!」と
  • 0:46 - 0:48
    スペイン語で「見て」という意味です
  • 0:48 - 0:52
    子供達のグループは街区の入り口で
    バスの後ろを掴み
  • 0:52 - 0:57
    そして坂を下って 笑いながら
    「ミラ ミラ ミラ ミラ」と叫びました
  • 0:57 - 0:59
    するとバスが急停止しました
  • 0:59 - 1:03
    慣れた子供は反応し すぐに手を離しました
  • 1:03 - 1:06
    でも その見知らぬ女の子は
    後ろによろめいて 舗道に倒れました
  • 1:06 - 1:08
    女の子はそのまま動きませんでした
  • 1:09 - 1:11
    外にいた大人がその子を
    助けようと走り寄りました
  • 1:11 - 1:14
    バスの運転手はバスを降りると
    何が起きたか気づき
  • 1:14 - 1:15
    救急車を呼びました
  • 1:15 - 1:17
    女の子の頭からは血が流れていました
  • 1:17 - 1:19
    目は閉じたままです
  • 1:19 - 1:20
    私達は救急車を待っていました
  • 1:20 - 1:22
    ずっと
  • 1:22 - 1:24
    皆 口を揃えて言いました
    「救急車はどこ?
  • 1:24 - 1:26
    救急車はどこ?」
  • 1:26 - 1:28
    警官がやっと到着しました
  • 1:28 - 1:32
    年配の黒人アメリカ男性が言いました
    「救急車は来ないよ」と
  • 1:33 - 1:36
    大きな声でもう一度警官に言いました
  • 1:36 - 1:38
    「救急車は来ないって知ってるでしょう
  • 1:38 - 1:40
    ここに救急車が来たことはないよ」
  • 1:41 - 1:45
    警官は私の近所の人達が
    いらいらし始めたのを見て
  • 1:45 - 1:47
    女の子をパトロールカーに乗せて
  • 1:47 - 1:48
    その場を離れました
  • 1:48 - 1:50
    その時私は10才で
  • 1:50 - 1:52
    これではいけないと思いました
  • 1:52 - 1:55
    私達ができることが
    もっとあると思いました
  • 1:55 - 1:57
    私にできることは医者になることでした
  • 1:57 - 1:59
    私は内科医になり
  • 1:59 - 2:03
    そして 十分な医療サービスを
    受けられないような社会的弱者の治療に
  • 2:03 - 2:04
    キャリアを捧げました
  • 2:04 - 2:08
    米国に移住したとき
    近隣にいたような人たちです
  • 2:09 - 2:13
    私が80年代のハーレムで
    研修を始めた頃目にしたのは
  • 2:13 - 2:18
    HIVに感染した若い男性の
    衝撃的な増加でした
  • 2:18 - 2:19
    そしてマイアミに移ると
  • 2:20 - 2:22
    HIV感染者に女性や子供もいるのに
    気づきました
  • 2:22 - 2:25
    主に貧しい黒人や褐色人種の人々です
  • 2:25 - 2:30
    ある特定の一部の人々の間で見られた
    伝染病は 数年のうちに
  • 2:30 - 2:32
    世界中で流行するようになりました
  • 2:32 - 2:35
    再び何かをしなくてはという
    衝動に駆られました
  • 2:35 - 2:39
    幸い 活動家や支援者や教育者や
  • 2:39 - 2:41
    病気を治療する私のような医師の力を借りて
  • 2:41 - 2:43
    取り組む方向を見出しました
  • 2:44 - 2:48
    HIV感染を減らすための
    大規模な教育活動が行われ
  • 2:48 - 2:51
    感染者に対する法的保護を
    求める声も高まりました
  • 2:51 - 2:52
    そこには
  • 2:52 - 2:56
    なんとしても 世界中の
    できる限り多くの患者が
  • 2:56 - 3:00
    支払能力に関係なく
    薬を入手できるようにしようという
  • 3:00 - 3:02
    政治的意思がありました
  • 3:02 - 3:06
    二十年ほどのうちに新しい治療法ができ
  • 3:06 - 3:08
    HIVは命を脅かす感染病から
  • 3:08 - 3:11
    糖尿病のような慢性疾患へと変わりました
  • 3:11 - 3:14
    今はワクチンができる見通しもあります
  • 3:16 - 3:18
    過去5~7年で
  • 3:18 - 3:21
    フロリダの患者達の間で別の病気が
    流行しているのに気付きました
  • 3:21 - 3:23
    それはこんな感じです
  • 3:23 - 3:29
    アナ・メイさんは事務職を退職後
    一定の収入でオーパ=ロッカに暮らし
  • 3:29 - 3:31
    薬の処方のために
    私のところに来ました
  • 3:31 - 3:33
    彼女はよくある慢性疾患の
  • 3:33 - 3:36
    高血圧と糖尿病 心臓病 喘息を
    抱えていました
  • 3:36 - 3:40
    それに慢性閉塞性肺疾患を伴っていました
  • 3:40 - 3:42
    いわゆるCOPDです
  • 3:42 - 3:44
    アナ・メイさんはきちんと
    私の指示に従う患者だったので
  • 3:44 - 3:48
    通常より早く吸入剤が欲しいと言われて
  • 3:48 - 3:49
    驚きました
  • 3:49 - 3:51
    診察の終わりに
  • 3:51 - 3:54
    フロリダ電力会社の申請書を取り出し
    それに私の署名が欲しいと言いました
  • 3:54 - 3:57
    彼女は電気代を滞納していたのです
  • 3:57 - 4:01
    この申請書は医者が
    患者の生命に関わる病状を記入し
  • 4:01 - 4:04
    電気が止められたときに影響が生じる―
  • 4:04 - 4:06
    医療機器を記載するものです
  • 4:08 - 4:09
    私は言いました
    「でもメイさん
  • 4:09 - 4:12
    あなたは呼吸関連の機器は
    何も使っていません
  • 4:12 - 4:13
    該当しないと思います」
  • 4:15 - 4:18
    さらに質問をして分かったのですが
    彼女は 暑さのあまり
  • 4:18 - 4:21
    楽に呼吸できるよう
    昼夜エアコンを使い続けたのでした
  • 4:22 - 4:26
    喘息の吸入剤を追加で買うと
    お金がほとんど無くなってしまいます
  • 4:26 - 4:29
    それで支払いを全部できなくなり
    電気代を溜めてしまいました
  • 4:29 - 4:30
    私は申請書に記入しました
  • 4:30 - 4:32
    でも却下されるだろうと思っていました
  • 4:32 - 4:34
    彼女をソーシャルワーカーの
    ところにも行かせました
  • 4:35 - 4:37
    そして ホルヘです
  • 4:37 - 4:38
    とても優しく親切な人です
  • 4:38 - 4:40
    診療所によく
  • 4:40 - 4:43
    マイアミの路上で自分が販売していた
    果物を持ってきてくれました
  • 4:43 - 4:47
    暑い通りで何日も続けて働くと
  • 4:47 - 4:52
    脱水症状を起こして
    腎機能が悪化する兆候を示しました
  • 4:52 - 4:55
    腎臓を循環する血液が不足するのです
  • 4:55 - 4:59
    何日か休みを取れば
    彼の腎臓はずっとよくなりました
  • 4:59 - 5:02
    でも他に誰も手伝ってくれないなら
    何ができるでしょう?
  • 5:02 - 5:06
    彼が言うように「雨でも晴れでも
    寒くても暑くても働かないといけない」のです
  • 5:07 - 5:10
    でも最もひどいケースは
    サンドラ・フェイ・ツイッグスさんでした
  • 5:10 - 5:13
    フォートローダーデール在住で
    COPDがありました
  • 5:13 - 5:17
    扇風機をめぐって娘と喧嘩をし
    逮捕されました
  • 5:18 - 5:19
    刑務所を出所して
  • 5:19 - 5:21
    自分のアパートに戻ると
  • 5:21 - 5:23
    咳が止まらず
  • 5:23 - 5:25
    3日後に亡くなりました
  • 5:27 - 5:29
    他にも気付いたことがあります
  • 5:29 - 5:32
    データによれば アレルギーの季節は
    何週間も早く始まるようになりました
  • 5:32 - 5:35
    夜間の気温が上がっています
  • 5:35 - 5:37
    木の成長はより早くなっています
  • 5:37 - 5:40
    そして蚊はジカ熱やデング熱といった
    危険な病気を運び
  • 5:40 - 5:43
    以前は生息していなかった地域に
    現れています
  • 5:43 - 5:47
    気候変動に起因するジェントリフィケーションの
    影響も見られます。
  • 5:47 - 5:51
    気候変動による洪水被害を
    避けられるように 裕福な人々が
  • 5:51 - 5:56
    貧しい人々が住んでいた高台に
    移住しています
  • 5:56 - 6:00
    私の患者のマリーさんは
    ストレスや不安を抱え診察に来ました
  • 6:00 - 6:04
    マイアミのリトルハイチの
    小さなアパートから追い出されたからです
  • 6:04 - 6:07
    そこに高級マンションを建てるためでした
  • 6:07 - 6:11
    開発業者はリトルハイチは
    洪水に遭わないと知っていました
  • 6:11 - 6:14
    海抜10フィートの高さにあるからです
  • 6:15 - 6:20
    温暖化傾向は 紛れもなく明らかで
    途切れることなく進行しています
  • 6:20 - 6:24
    HIV/AIDSよりも大きな健康への
    緊急事態が発生しているようです
  • 6:24 - 6:26
    どんな事態が生じているのか
  • 6:26 - 6:30
    その手掛かりは
    私の所得の低い患者達から得られました
  • 6:30 - 6:33
    この新しい流行病とは気候変動です
  • 6:33 - 6:36
    そして様々な健康への影響があります
  • 6:36 - 6:39
    気候変動は主に4つの理由で
    私達に影響を及ぼします
  • 6:39 - 6:43
    直接的に熱や異常気象や汚染によって
  • 6:43 - 6:45
    病気の蔓延によって
  • 6:45 - 6:49
    食料や水の供給が途絶えることによって
  • 6:49 - 6:52
    そして私達の心の健康が
    害されることによって
  • 6:52 - 6:56
    医学では頭文字を使った
    記憶法を使うことがあります
  • 6:56 - 6:59
    この記憶法で「HEATWAVE(熱波)」が
  • 6:59 - 7:03
    表すのは 気候変動の健康への
    大きな影響8つです
  • 7:03 - 7:05
    Hは熱中症
  • 7:05 - 7:10
    Eは心臓と肺の病気の悪化
  • 7:10 - 7:12
    Aは喘息の悪化
  • 7:12 - 7:16
    Tは外傷性の障害
    特に異常気象による災害での怪我
  • 7:16 - 7:20
    Wは水や食べ物由来の病気
  • 7:20 - 7:22
    Aはアレルギーの悪化
  • 7:22 - 7:27
    Vはジカ熱やデング熱やライム病など
    虫が媒介する病気です
  • 7:27 - 7:31
    そしてEは感情的なストレスの増加です
  • 7:31 - 7:36
    貧しい社会的弱者は既に
    気候変動の影響を感じています
  • 7:36 - 7:39
    彼らはよくいう「炭鉱のカナリア」です
  • 7:40 - 7:44
    ほんとうに 彼らの経験は
    神のお告げや予言のようです
  • 7:44 - 7:49
    彼らは私たちの未来を照らし
    私達が自分たちの世界に何かをすると
  • 7:49 - 7:51
    まず彼らが傷つくことで
    注意を払うべきと気づくのです
  • 7:51 - 7:54
    しかし時間の問題で 次は私達の番です
  • 7:55 - 7:56
    私達 医者や患者や
  • 7:56 - 7:59
    その他医療従事者が一緒に行動するなら―
  • 7:59 - 8:01
    解決法を見つけられるでしょう
  • 8:01 - 8:03
    HIVの危機の際にはこれを成しとげました
  • 8:03 - 8:07
    HIV患者の活動が
    薬やより良い研究や
  • 8:07 - 8:10
    医者と科学者の協働を
  • 8:10 - 8:13
    求めたおかげで
  • 8:13 - 8:15
    流行を抑制することができたのでした
  • 8:16 - 8:19
    さらに国際的な健康機関の
    力添えもありました
  • 8:19 - 8:22
    それに加えNGOや政治家 製薬会社も協力し
  • 8:22 - 8:27
    HIV薬が低所得国でも
    入手できるようにしました
  • 8:27 - 8:33
    この協働モデルで
    気候変動の健康への影響に対応しましょう
  • 8:33 - 8:37
    手遅れになる前に適用できない
    理由はありません
  • 8:37 - 8:39
    気候変動は起こっています
  • 8:39 - 8:42
    既に貧しい人々の健康や家に
    ダメージを与えています
  • 8:42 - 8:44
    私の患者のホルへのように
  • 8:44 - 8:46
    ほとんどの人々は働く必要があります
  • 8:46 - 8:48
    雨であろうと晴れであろうと
  • 8:48 - 8:49
    寒くても暑くても
  • 8:50 - 8:53
    しかし こういった患者と医者が
    一緒になって 手に手を取りあい
  • 8:53 - 8:55
    基本的な道具立てを得れば
  • 8:55 - 8:58
    この気候変異の影響が皆にとって
    あまり厳しくならないように
  • 8:58 - 9:00
    できることが沢山あります
  • 9:00 - 9:03
    こんな患者達がきっかけとなって
    気候変動と戦うために
  • 9:03 - 9:06
    私は臨床医の組織を設立することにしました
  • 9:06 - 9:09
    私達が重点を置いているのは気候変動の
    健康への影響を理解することです
  • 9:09 - 9:12
    気候に関連した病気の患者を
    代弁するために学んでいます
  • 9:12 - 9:15
    そして実際の世界での解決策を追及しています
  • 9:16 - 9:20
    最近のギャラップ社の調査によると
    最も尊敬されている職業は
  • 9:20 - 9:23
    看護師 医師 薬剤師の3つだそうです
  • 9:23 - 9:25
    つまり 尊敬される社会の一員として
  • 9:25 - 9:29
    私達には 気候変動政策に
    また政治に対して影響を与えられる
  • 9:29 - 9:30
    力強い声があるのです
  • 9:30 - 9:33
    私達ができることは沢山あります
  • 9:33 - 9:36
    臨床医として患者の多くに接しているので
  • 9:36 - 9:38
    他の人よりも先に物事を見ることができます
  • 9:38 - 9:42
    それゆえ 私達のポジションは
    変化の最前線になろうとしたら理想的です
  • 9:42 - 9:46
    私達は医学教育を行う学校で気候に関連した
    病気について教えることができます
  • 9:46 - 9:50
    気候に関連した患者の体調に関する
    データを集め
  • 9:50 - 9:53
    患者の請求書コードでそれを
    確認できるようにするのです
  • 9:53 - 9:55
    気候に関連した健康に関する研究ができます
  • 9:55 - 9:58
    家庭でできる環境を守るための習慣を
    教えることができます
  • 9:58 - 10:01
    患者の必要とする電力供給について
    代弁できます
  • 10:01 - 10:03
    より安全な家に住めるよう
    支援できます
  • 10:03 - 10:08
    体調が悪化した時には家に
    必要な機器を導入できるよう支援できます
  • 10:08 - 10:11
    私達は調査結果に関して
    議員の前で証言できます
  • 10:11 - 10:16
    そして気候に関連した病気の患者を
    医学的に治療することができます
  • 10:17 - 10:22
    最も重要なのは患者を支援することです―
    患者が精神的身体的に準備して
  • 10:22 - 10:24
    直面する健康上の問題に
    挑むことができるように
  • 10:24 - 10:26
    それには
  • 10:26 - 10:30
    経済的正義と社会正義を
    取り入れた医療モデルを使います
  • 10:31 - 10:34
    これは例えばCOPDを患い
    扇風機をめぐって娘と喧嘩をし
  • 10:34 - 10:38
    刑務所から出所後に亡くなった
  • 10:38 - 10:40
    サンドラ・フェイ・ツイッグスが
  • 10:40 - 10:45
    アパート内の暑さのせいで 調子が悪くなり
    不機嫌になると気付いていたら
  • 10:45 - 10:48
    涼しめる安全な場所を
    探すことができたはずだという意味です
  • 10:48 - 10:52
    更には彼女のアパートがそこまで
    暑くならなければもっと良かったのです
  • 10:52 - 10:56
    貧しい人々から私が学んだのは
    私達の生命は脆弱であるだけでなく
  • 10:56 - 11:00
    回復力 革新性 生存の
    物語でもあるということです
  • 11:00 - 11:05
    あの夏の夜に大声で
    「救急車は来ないよ」と声を上げて
  • 11:05 - 11:07
    警官がその小さな女の子を
  • 11:07 - 11:11
    病院に連れていくように
    仕向けた賢明な老人のように
  • 11:12 - 11:13
    分かりますか?
  • 11:14 - 11:15
    皆さん よく聞いてください
  • 11:16 - 11:20
    気候変動に対して医学的な対応があるとすれば
  • 11:20 - 11:23
    それは救急車をただ待つことではありません
  • 11:24 - 11:28
    私達臨床医が第一歩を踏み出すのです
  • 11:28 - 11:30
    私達はこの問題が
  • 11:30 - 11:33
    無視されたり誤解されることがないよう
    大きな声を上げていきます
  • 11:34 - 11:37
    第一歩は私達の患者が語る話
    そして私達が患者さんの
  • 11:37 - 11:40
    代わりになって
    語る話から始まるのです
  • 11:41 - 11:45
    私達はこれまで常にやってきたように
    患者のために正しいことをしていきます
  • 11:45 - 11:48
    またそれは環境のために正しいことで
  • 11:48 - 11:50
    自分達のために正しいことでもあり
  • 11:50 - 11:53
    さらにこの地球上のすべての人々のために
  • 11:53 - 11:54
    皆のために正しいことです
  • 11:54 - 11:56
    ありがとうございました
  • 11:56 - 11:58
    (拍手と歓声)
Títol:
気候変動と健康と貧困の関連について
Speaker:
シェリル・ホルダー
Descripció:

「気候変動が、貧しい社会的弱者の人々の健康に及ぼす影響は既に現実のものとなっています」と内科医のシェリル・ホルダーは言います。季節外れの高い気温や病気を媒介する蚊、気候変動によるジェントリフィケーション(特定の地域が家賃や地価の高騰により、高級住宅地化すること)のしわ寄せが、既往症を持つ人々の健康を脅かしています。その一方で富裕層の人々は高台へと引越します。
熱のこもったトークでホルダーは、気候に関連した健康面の課題から医者が患者を守るための方法を提案します。―そして医者、政治家や他の人々に経済及び社会正義を取り入れた医療システムを構築することを求めています。

more » « less
Video Language:
English
Team:
TED
Projecte:
TEDTalks
Duration:
12:12

Japanese subtitles

Revisions