Return to Video

私は視力を失ったことでスーパーパワーを見出した

  • 0:07 - 0:10
    子どもに将来の夢を聞いたら
    スーパーパワーが欲しいとか
  • 0:10 - 0:14
    ただ大きくなりたいと
    答えられたことはありますか?
  • 0:14 - 0:19
    もし 小さい頃の私が16歳になったら
    どんな人生を送りたいか聞かれたら
  • 0:19 - 0:22
    多分 父より背が高く
  • 0:22 - 0:24
    友達が沢山いて
    独りで街を歩き
  • 0:24 - 0:29
    独立していて
    長い髪だと答えるでしょう
  • 0:29 - 0:33
    私は いつも想像力豊かで
    読書が好きでした
  • 0:33 - 0:35
    いつも静かな場所にたたずみながらも
  • 0:35 - 0:38
    文章から画像と音を出現させるのは
  • 0:38 - 0:44
    人であれ マグルであれ
    子供にとって特別な存在になる手段なのです
  • 0:44 - 0:45
    物語のおかげで
    私は本気で
  • 0:45 - 0:50
    物質的に正常な生活だけじゃない
    魔法は実在すると信じました
  • 0:50 - 0:54
    完全に視力を失う前
  • 0:54 - 0:57
    私の視覚は周辺部から暗くなり始めました
  • 0:57 - 1:01
    失明するまでは
    軽いめまいが よくしていました
  • 1:01 - 1:02
    しかし 私の想像力は豊かでした
  • 1:02 - 1:05
    私は何かの魔法に
    偶然かかっているとか
  • 1:05 - 1:09
    宇宙からの機密情報を受けていると
    思っていました
  • 1:09 - 1:11
    いつも特別でいたかったのです
  • 1:11 - 1:14
    でも 成長するにつれ
    日々 魔法の世界が
  • 1:14 - 1:17
    遠ざかっていく事実に
    立ち向かわなければいけませんでした
  • 1:17 - 1:19
    私は よく家のクローゼットに入り
  • 1:19 - 1:23
    もし その背板を本気で忘れれば
  • 1:23 - 1:26
    それが崩れてナルニア国に
    入れると思っていました
  • 1:26 - 1:30
    しかし 8歳になっても
    魔法の洋服タンスは見つからず
  • 1:30 - 1:33
    11歳になってもホグワーツからの
    手紙は届きませんでした
  • 1:33 - 1:36
    12歳になってもサテュロスから
    半神だと言われませんでした
  • 1:36 - 1:43
    だから 15歳までにガンダルフが冒険に
    連れて行ってくれるのが最後の望みでした
  • 1:43 - 1:48
    でも その途中の13歳で
  • 1:48 - 1:51
    まったく望まないかたちで
  • 1:51 - 1:55
    私は いきなり特別になりました
  • 1:55 - 1:58
    実際には 宇宙からの機密情報は
    来ませんでしたが
  • 1:58 - 2:01
    私はブラックホールに
    引きずり込まれつつありました
  • 2:01 - 2:07
    2015年9月23日朝7:35の前
  • 2:07 - 2:09
    私は 良くあることですが
    学校に遅刻しました
  • 2:09 - 2:14
    市のバスが家の前に来るのが
    遅れたからです
  • 2:14 - 2:17
    私は教室に足を踏み入れた時
  • 2:17 - 2:20
    教室の真ん中で みんなの前で
    転びました
  • 2:20 - 2:23
    床に置いてあったリュックサックが
    目に入らなかったのです
  • 2:23 - 2:28
    席についてから
    黒板の文字が見えないことに気づきました
  • 2:28 - 2:30
    読めなかったのです
  • 2:30 - 2:34
    だから母に電話して
    その日のうちに
  • 2:34 - 2:38
    カッコいい眼鏡をかけたいと
    考えながら病院に行きました
  • 2:38 - 2:45
    でも 眼鏡を手にすることなく
    その日の内に入院することになりました
  • 2:45 - 2:48
    水頭症と診断されました
  • 2:48 - 2:52
    その言葉のとおり
    脳内の液体が多すぎたのです
  • 2:52 - 2:53
    原因を明かしますが
  • 2:53 - 2:57
    頭の奥深くにある
    側脳室と第三脳室の間に
  • 2:57 - 2:59
    グリオーマ(神経膠腫)が
  • 2:59 - 3:01
    出来ていたからです
  • 3:01 - 3:04
    このせいで脳の中の液体が流れず
  • 3:04 - 3:06
    出入りができないので
  • 3:06 - 3:08
    頭蓋内の圧力がとても高くなり
  • 3:08 - 3:11
    視神経が傷害を受けました
  • 3:11 - 3:14
    しかし 医者たちはそれに気づかず
  • 3:14 - 3:19
    私は何度も何度も
    手術を受けました
  • 3:19 - 3:24
    その度に私と両親は
    ふりだしに戻りました
  • 3:24 - 3:26
    私たち家族は何度も何度も
  • 3:26 - 3:28
    人生に打ちのめされていました
  • 3:28 - 3:32
    私の世界はひっくり返り
    家族は全員 その状況に麻痺していました
  • 3:32 - 3:36
    私の魔法だと考えていたものは
    突然 生き死にの問題になりました
  • 3:36 - 3:40
    生きる望みは ガンダルフへの望みと
    同じくらいか細いものだったのです
  • 3:40 - 3:44
    医師は私の診断名を
    確信していたのですが
  • 3:44 - 3:47
    私の病気は
    全く違うものだったので
  • 3:47 - 3:48
    髄液を多く抜きすぎて
  • 3:48 - 3:52
    頭蓋脳圧が高すぎたという問題が
    逆に非常に低くなりすぎるという―
  • 3:52 - 3:54
    問題になってしまいました
  • 3:54 - 3:58
    8ヶ月間で
    手術を4回受け
  • 3:58 - 4:03
    その間違いを修正するための手術を
    さらに3回受けるはめになりました
  • 4:03 - 4:06
    でも脳損傷は回復できないものと
    なってしまいました
  • 4:06 - 4:08
    私は最終的に復学できましたが
  • 4:08 - 4:10
    もう元通りではありません
  • 4:10 - 4:15
    健康な人たちの学校生活は進んでいて
    私は多くの行事に出られず
  • 4:15 - 4:19
    反抗期も逃しましたが
    これについては正直 残念には思っていません
  • 4:22 - 4:23
    私は1年間 ほぼ寝たきりでした
  • 4:23 - 4:26
    文字は もう読めません
  • 4:26 - 4:31
    それが 空想の世界に
    身を投じる唯一の方法だったのに
  • 4:31 - 4:34
    でも 今 私はここにいます
  • 4:34 - 4:39
    「穴に入ったら 巨大になって出てきた」
    という言葉があります
  • 4:39 - 4:41
    まさにそんな気分でした
  • 4:41 - 4:45
    なぜなら 辛いことがある度に
    例え ほとんど感じなくても
  • 4:45 - 4:48
    そこには 人々を
    再び立ち上がらせる―
  • 4:48 - 4:50
    力があるからです
  • 4:50 - 4:53
    その時の人々は
    より賢くなるでしょう
  • 4:53 - 4:57
    私は今 1つのことに
    ずっと集中できるようになりました
  • 4:57 - 5:01
    そして 食べることは
    全く違う体験になりました
  • 5:01 - 5:03
    ブラジルのドーナツ
    Bolinho de Chuvaを
  • 5:03 - 5:05
    食べる度に
  • 5:05 - 5:09
    私はすぐに
    砂糖とシナモンでいっぱいの安全地帯に
  • 5:09 - 5:11
    運ばれます
  • 5:11 - 5:14
    また 音楽を聴いたり
    演奏したりすることで
  • 5:14 - 5:18
    これまでの辛いことから
    逃れられます
  • 5:18 - 5:20
    今では ボブ・ディランの歌詞を
    全て覚えています
  • 5:20 - 5:23
    ぶっ飛んだ歌詞ですよね
  • 5:23 - 5:26
    私の想像力は今までになく
    たくましくなりました
  • 5:26 - 5:30
    今なら それを一番重要な感覚と
    同様に使うからです
  • 5:30 - 5:33
    この想像力によって
    過去に目にしたものと
  • 5:33 - 5:36
    視覚以外の感覚から得られるものを元に
    全く新しい世界を築くことができています
  • 5:36 - 5:40
    私は視覚に頼りすぎている
    この世界を生き抜くために
  • 5:40 - 5:45
    想像力を創造的で理論的な
    道具として使う必要があります
  • 5:45 - 5:50
    私には それができます
    「見える」と「見る」の間には
  • 5:50 - 5:53
    「聞こえる」と「聞く」の間にあるような
    違いがあるからです
  • 5:53 - 5:59
    見ることと聞くことは 感覚器の
    正確な能力のことを指していません
  • 5:59 - 6:00
    ものごとを理解し
  • 6:00 - 6:03
    他人に共感するための感性なのです
  • 6:03 - 6:07
    そう考えると
    私は以前より良く見えています
  • 6:07 - 6:13
    例えば みなさんが
    注目していることはわかります
  • 6:13 - 6:19
    ギリシャ神話で一番有名な
    予言者テイレシアースは盲目でした
  • 6:19 - 6:26
    なぜなら彼は 外見の罠にも
    視覚世界にも惑わされなかったからです
  • 6:26 - 6:29
    私は自分がなりたかった
    16歳の人間と全然 違うし
  • 6:29 - 6:31
    想像していた人生とも違います
  • 6:31 - 6:34
    しかし 時間をさかのぼって
    身に降りかかった出来事を
  • 6:34 - 6:36
    すべて避けたいかと聞かれたら
  • 6:36 - 6:40
    現在の私の学びが無になってしまうので
    答えはノーです
  • 6:40 - 6:41
    ありがとうございました
Títol:
私は視力を失ったことでスーパーパワーを見出した
Descripció:

魔法の扉、ホグワーツからの手紙、ガンダルフとの冒険。これらはマリア・ストックラーが読んでいた文学ファンタジーです。しかし、彼女は13歳の時、恐ろしい出来事の連続で視力を失いました。マリアはもう以前と同じ様には夢を見ることができません。この素晴らしいトークで、マリアは五感の1つを失ったことで新たな感性が磨かれた様子を話します。失われた感覚は最終的に独自のスーパーパワーとなりました。「見えることと見ることは違う...私は以前よりも良く見ることができていると思います」

more » « less
Video Language:
English
Team:
closed TED
Projecte:
TED-Ed
Duration:
06:47

Japanese subtitles

Revisions