YouTube

Teniu un compte YouTube?

New: enable viewer-created translations and captions on your YouTube channel!

Japanese subtítols

← 暗礁探検:舞台裏

Obtén el codi d'incrustació
19 llengües

Showing Revision 18 created 05/08/2019 by Shinobu Narimatsu.

  1. このようなシーンを作るのは
    大変な仕事です
  2. たくさんの人が関わっています
  3. 多くの研究が関係します
  4. 当初、私たちはどうすれば
    わかりませんでした
  5. 豊かな自然を表現するために
    技術的にどう作成するか
  6. 膨大な量のコンピューターの力を
    必要とするためです
  7. 写実的な環境
  8. 多様性と複雑さに満ちたもの
  9. コンピューターグラフィックスを
    使用して
  10. 資料や映像をもとに 環境や
    生き物を一から創り出すのです
  11. 写真測量という技術も
    使用しています
  12. 写真測量は静止画像を
    組み合わせる技術です
  13. コンピューターモデルを作成したり
  14. 広い領域のモザイクを作成したり
  15. 写真測量は十分難しいのですが
  16. 水中でやるのは私にとって
    少々驚きでした
  17. 研究者と協力しています
  18. アカデミーの内外の
    サンゴ礁の経験者たちとも
  19. 様々な種のサンゴの
    何千もの写真を撮りました
  20. 豊富なサンゴのモデルを
    入手しました
  21. 使用したのは
    写真測量によるものです
  22. Visualization Studioでの
    モザイク・レンダリングの経験
  23. 写真測量の観点から
    彼らは助言してくれます
  24. プロセスをより効率的に
    する方法について
  25. 将来の科学研究のための道具
    として使うかもしれません
  26. 最も大変だったのは非常に
    大きなタスクをでした
  27. 何千ものサンゴを下に置き
  28. どう見栄え良くするかを
    考え出すことでした
  29. ひとつを取り出し
    それを何度も複製する
  30. 毎回それを変更してみるのです
  31. 回転させたり測ったり
    色を少し変えたり
  32. 様々な方法に向けたり
  33. システムで他の種類の微妙な
    バリエーションを作成したり
  34. 個々の個体の数だけあります
  35. それは数千 数万
  36. 数えきれない数のものです
  37. 動物であるサンゴに加えて
  38. 他の生き物も作成しました
  39. 観客をこの場所に
    呼び寄せるためでした
  40. その場は 約3000匹の魚で
    いっぱいでした
  41. 31種類の違う魚がいます
  42. まず このタンクにいる魚を
    見ることから始めました
  43. しばらくの間
    毎朝そこに通ったんです
  44. 魚を見つめ どのように動くかに
    ただそこに座ってできる限り
  45. 多く学ぼうとしました
  46. 行動はどんな感じに
    起こっていたかを
  47. それから私達は各魚のための
    モデルを造り始めました
  48. 一方で魚の量を測る方法を
    考案する必要がありました
  49. その場に入れる魚の数量が
    ほしかったのです
  50. それで調査し始めました
  51. 使用中のソフトウェアは
    非常に良いものです
  52. 多数の人々 つまり群衆を
    シミュレートすることで
  53. 魚の群れのシミュレートに
    適応させることが可能でした
  54. そして本当に面白い状況に
    なっています
  55. オニヒトデと呼ばれる
    ヒトデですが
  56. 本当にすごいヒトデで
    とげで覆われています
  57. サンゴを食べて生きています
  58. 注意しないとサンゴ礁を
    食べ尽くします
  59. アクロポーラ(Acropora)という
    名の非常に小さなカニがいて
  60. サンゴの中に住んでいて
    オニヒトデがやってくると
  61. 住処を攻撃を攻撃され
    撃退しようとします
  62. カニのためには多くのハンド
    アニメーションが必要でした
  63. オニヒトデの戦闘シーン
  64. カニがスパイクを持ち
    振っているからです
  65. それで多くの実践的な
    活動を含みました
  66. 先日ここに科学者がいました
  67. 彼女がそれを見たとき
    こんな反応でした
  68. "ええ 一体どうやったの?
    すごい!"
  69. このプロセス全体は
    完全に魅力的でした
  70. 映像チームと協力するのは
    とても楽しいです
  71. 彼らがあるシーンを
    開発していたとき
  72. 作成のアドバイスのために
    私は呼ばれました
  73. 非常に科学的に正確に
  74. 求められた細部のレベルは
    信じられないものでした
  75. 本当に最先端についていくのは
    大変でした
  76. 最新の技術を働かせるために
  77. 知っている限りの情報を
    与えました
  78. オープニングシーンは リスクを
    覚悟で大胆なものにしたのですが
  79. 実際にいくつかの美しいイメージで
    効果的に仕上がりました
  80. 観客の体験を考えたものです
  81. 観客がショーを見終わったとき
  82. ただ楽しかったというだけではなく
    サンゴ礁が意味することについて
  83. 深く感じてほしいと願っています
  84. 今 世界中のサンゴ礁が
    危機的な状態にあります
  85. かつてないストレス要因
    それは主に人間によるものです
  86. このショーが希望に
    繋がってほしいと思います
  87. これは難しい話です
    サンゴ礁は岐路に立っています
  88. でもまだ間に合います
  89. 私たちが
    責任ある決断を下すならば
  90. まだ元に戻せるのです
  91. ♪ (音楽) ♪